雑文

ここでは、「雑文」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マジックを楽しむために1番大切なことは不思議を楽しもうとすることです。

タネを見破ろうとしてマジックを見ると、楽しむどころか、疲れてしまいます。

マジシャンはタネを明かす気はないのですし、何度も練習してタネがばれないように演じています。それを見破ろうなどとすることは、とても難しいことでしょう。それに、見破ろうとすると、考えることに集中してしまい、不思議が楽しめません。つまり、タネを見破ろうとすると、タネもわからず、不思議も楽しめず、疲れてしまうだけなのです。

マジックは、タネを見破ろうとせず、不思議を楽しもうと見ると、とても楽しいひとときを過ごすことができるのです。

酉乃初「マジックはその名前の通り、魔法なの。観客はその魔法を観て楽しむのよ。マジックにタネがあるのは誰にだってわかっている。わたし達は観ている人に、それを踏まえて不思議を楽しんでもらいたいの。せっかくかけた魔法なのに、自分からその魔法を解こうとはしないで」
-午前零時のサンドリヨン/相沢沙呼





スポンサーサイト
夏休みも早くないものであと2日で終りです。


今日は授業で現場でSEを40年ほどしていた先生のお話を聞きました。

SEに向いている人は「モノを作ることに喜びを感じる人」とおっしゃっていました。
たとえ給料が多少良くてもおもしろいと思えない仕事に人生の半分近く(40年)を費やすのはもったいないと。

その先生がおっしゃっていたSEに必要なもの
「IT技術力+分析力・応用力+問題解決力」

どういう人がSEに向いているか。
・人の話、本の内容を要約することが上手い
・色々想像してみることが好き
・人との折衝事をそれほど苦にしない
・責任感と適度のいい加減さ
・土壇場での集中力 パニックにならない冷静さ
・モノを作り上げる喜びを知っている
こういう人が向いているそうです。

とても現実味のあるお話で興味をもって聞けました。

続きを読む

今日も撮ったよ

「桜の色って何色?」と聞かれれば薄いピンクと答えるだろう。

桜の色を見せられて「これ何色?」と聞かれれば白と答えるだろう。

この桜の色は何色ですか?
こちらの記事で紹介したこの本

マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 (DOJIN選書)
熊田 孝恒
化学同人
売り上げランキング: 60013

ちょっと見方が変わった
続きを読む
どうも。
バイトが週5で結構忙しいキットカットであります。

大学、バイト、課題

こいつらで起きてる時間のほとんど取られちゃってます。
時間をうまく使わないと、マジックも読書も全然できないです。

そして読書のスピードがとても遅いんです。
この間、大阪に行く電車で2時間あったんですが、図書館革命を読んでいたんですが、進んだページが

100ページ

最初からで100ページまでなので実際文字が書いてあるページはもう少し少ないと思われる。
電車という環境だからというのもあると思いますが、遅いですよね…

どういう感じに読んでいるかというと、小説の場合、読みながらも頭の中で映像を見ているような感じです。
文字を読んでそれを頭の中で映像にしていく。
そんな作業の繰り返しです。

想像力使い過ぎだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。