動画のコメント

ここでは、「動画のコメント」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分はお世辞というものを使えないのかもしれない。


そんなことを昨日YouTubeで動画を見てて思いました。


昨日YouTubeで動画を見てました、ある動画を見て、自分が思ったことは、


下手だな。しゃべりもよくないし、構成もめちゃくちゃ。


そんな感じでした。

でも、その動画に書かれていたコメントは、全部、うまいとか、いいとか、褒めるコメントばかりだった。

コメントしている人も自分の知っているうまい人もいて、この人から見たら、うまいわけがないと思った。


以前の記事で、動画を上げたら褒めてもらいたいと書いたが、間違っていた気がする。

褒めるのがいけないのではないのだが。

褒めると伸びると言うが、悪いところを悪いまま伸ばしても意味がないのだから。

自分も大してうまくないのに、コメントで褒められてうまい気になっているだけなんじゃないだろうか。


なら、どうすればいいのか。

褒めるならちゃんとどこがよかったのか本当のことを言うべきだと思う。

そして、ただ、下手とか、ダメとか、書くだけじゃなくて、ここが良くないからこうした方がいい、そういうコメントがいいじゃないだろうか。

伸ばす点と直す点そしてどう直したらいいか、これを伝えることが、成長につながるいい指導、コメントなのではないだろうか。


よければ自分の動画にはこういうコメントをしてもらいたい。


ただ、これはマジックや技法を見てもらうために上げた動画に適するコメントであり、PVなどの紹介用の動画にこういうのはやめたほうがいいと思う。
そして、口調などによっては相手を傷つけかねないので、その辺は注意していただきたい。


自分は、あまり人の動画にコメントをしないが、ほしければ、ブログのコメント(記事と関係ないときは非公開のほうがありがたい)、スカイプ、メール、ツイッター、mixi、YouTubeのメッセージなどで動画のURLを送るなりしてくれれば思ったことを返信します。
辛口になってしまうかもしれませんが。
そして、わからないときははっきりわからないと言わせていただきます。
冒頭にも書いた通りお世辞は苦手なようなので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/237-f81e35e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。