マジック(追記)

ここでは、「マジック(追記)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前期試験まであと17日。

しかしながら、マジックの練習もやめるわけにいかない状況にあり、

勉強とマジックと両立するしかない状況でがんばっております。


今日はちょっとマジックのマナーみたいなものを少し書きたいと思います。

※あくまで個人の意見です

今から書くことは、マジシャン(マジックを趣味、仕事などで見せる人)が一般人(マジックを演じない人)に対してマジックを見せる際のことです。

まずマジックがマジックであるということを認識してもらいたい。
どういうことか。
マジックは魔法、超能力ではない。
なにか秘密の動作なり仕掛けなりがあった上でその不思議は成り立っている。
それを含めてマジックなのである。
隠された状態のものを隠された状態のままにしてこそそれはマジックとして成り立っている。

『マジシャンはマジックの秘密を一般人に明かさないこと。』

『一般人はマジックの秘密をマジシャンに追及しないこと。』

これがマジックをする上での見せる側見る側の双方のマナーだと考える。

マジシャンとしてマジックを見せるのなら秘密を明かさないこともマジックの一部と考えてほしい。
また一般人はマジックを見る際にそれをマジックであると認識した上でその不思議を楽しんでほしい。

「そんなルールがあるのか?」と聞く人がいるかもしれない。
はっきり言って、「ない。」
マジックの世界でそんなルールを築くことはほぼ不可能であるから。

だから一人ひとりがマナーを守ることがマジックを成り立たせるために必要なのではないだろうか。

マジックは不思議のままであるからマジックであり、謎解きではない。
種を明かす、種を見破るという行動はこのシチュエーションにおけるマジックではない。

『不思議は不思議のまま楽しんだ方がいい』

裏側を知った自分でもこの言葉に賛同する。



追記:この記事を書いた理由とこの記事に対するさまざまな意見をもらっての考えを書きたい
この記事を書いた理由は、最近、まだマジックをはじめてそれほど経ってないというアマチュアマジシャンが生放送でリスナーに種明かしを求められ、たいして迷わずに種明かしをしていたのを何件か見たからである。
別にティルト&ダブルリフトの種をみんなに知られたところで自分がアンビシャスカードを見せれなくなるとは思っていない。
ただ、調子にのって明かす種がクリップシフトまでに至るという例も何件か見た。
こういう傾向を少しでも止めたかったのである。
直接こう書かなかったのはかっこよく書きたかったのとあまり勇気がなかったからだ。

自分はこの記事をマナーとして書いた。
間違いではなかったと思うがマナーでも意味が強すぎたかもしれない。
マナーは絶対に守らなければいけないものではないということ。
ただし守らなければ、少し嫌がられることもあるだろうが。
つまりこの姿勢を強制すべきではないということがわかった。

種明かしを求める、種を見破るという風潮が強くなったのはミスターマリックさんの影響と考える人が多いらしい。
ただ自分は一概にマリックさんを攻めるということはしたくない。
藤山新太郎さんの「タネもしかけもありません」を読んでマリックさんがメディアで種明かしをするようになった原因も知った。
結局こういう風潮にした原因はマジシャンにあると思う。
だから自分はそれを変えたい。
マジシャンが変えたならマジシャンがまた変えられるはずだから。
自分の身の回りからまず変えていこうと思い、演者側だけでなく観客側にもマナーと書いた。
マナーだからではなく自然に多くの人がこういう態度でマジックを楽しめるようにしたい。
下手な文章で伝わりにくいと思うが自分の気持ちが伝わっていれば幸いである。
コメント
この記事へのコメント
アレだ 欧米とかは成り立っているとは思う
(欧米がどこからどこまでさすのかを知らない)

ただ日本人がそういう態度でしかマジックを見れないようになってしまったのはメディアの影響が多いと思う

~~見破ったら~~円みたいな番組 とか
あなたは~~を見破れるか とか

マジシャンが挑戦的じゃなくとも番組自体が挑戦的なのだからいたしかたないのかもしれない

ちなみにからくりドールさんみたいなマジックは仕掛けがあることを認めてなお自分で空気を支配しているから凄いと思う
2011/02/08(火) 17:33 | URL | れお #-[ 編集]
たぶん今までのマジシャンがそうやってメディアのせいにしたり、何も取り組まなかったから今の現状となっているのだと思う。
メディアに改善を願っていても意味はない。
マジシャンがメディア、観客からそういう考えを排除、改変していかなければいけない。
受け身になっていては何も変わらない。
悪いのはメディアではなくマジシャンだと言っても過言ではないと思う。
自分はそれを変えるマジシャンになりたいと思っている。

あと、欧米がどうかなんて実際自分たちのようなアマチュアの学生にはわかってないと思う。
実際に海外を体験した、または海外のマジシャンから聞ける情報を聞いていないのだから。
2011/02/08(火) 17:46 | URL | KitCut #-[ 編集]
外国人はマナー良いと思います?
2011/02/08(火) 18:26 | URL | まる #-[ 編集]
国や階級によると思います
2011/02/08(火) 18:44 | URL | KitCut #4JcWZNxE[ 編集]
自分の経験上、ショービジネスの本場と言われているアメリカ人も、残念ながら人によっては、マナー悪いですね(-_-;)
2011/02/09(水) 09:12 | URL | まる #-[ 編集]
やっぱり実際そうですよねー。
2011/02/09(水) 15:01 | URL | KitCut #-[ 編集]
自分も賛同です。
タネを追求しないからこそマジシャン同士でも楽しく披露出来ますし楽しめますよね。
見る側が伏せているカードを勝手に触ってきたりしつこく口をはさんでくるのは自分的にやはり許せないですね。
2011/02/10(木) 00:33 | URL | ゆう #-[ 編集]
マジシャン同士のときは話が変わってきますね。
マジシャン同士の場合はテクニックの上手さも自然と評価の一部に入ってくるからです。
そして、カードを観客が触るという問題は、観客のマナーもあるが、そのカードを観客に意識させないということもマジシャンの備えるべきテクニックであると思います。
2011/02/10(木) 13:42 | URL | KitCut #-[ 編集]
観客にまで事を求めるのはおかしいんじゃない?
種に関して追求されても逃げる手段なんていくらでもあるし
勝手にカードに触れられるならデックケースの下にさりげなくおけばこのカードは触ってはいけないという暗示が勝手に入る
それでもケースをどけて触ってくる人なんて一生マジックを見せて1人いるかいないかじゃないの
マナーを求めるベクトルが違うんじゃない?
ただ自分が観客に対してなにをされるか予測をしないで対処も打たずにマジックを見せて失敗したから観客が悪いってなったようにしか見えないですよ?
おまけに観客から種明かしを要求する考えを排除?
人間の脳でも改造するつもりですか?
全員が全員そうなのかは知りませんが目の前で不思議なことが起こったら何でそうなるか気になるのは普通じゃないですか?そんなことは不可能だと思いますよ?
あなたがどんなすごいマジシャンかは知りませんが自惚れすぎだと思いますよ?

あと追記について
>>調子にのって明かす種がクリップシフトまでに至るという例も何件か見た
これはティルトやダブルリフトは種明かしは許せないけど種明かしされてもまだ困らないクリップシフトはダメっていうことですか?
少なくとも価値基準をダブリフやティルトよりクリップシフトのほうが上にしてるということですよね?
その線引きはあなたの意見なんでしょうが
私はクリップシフトもダブルリフトもティルトも同じ線上にあると思います。クリップシフトがなぜ上なんでしょうか?クリップシフトのみを解説したDVDが販売されてるからですか?ティルトやダブルリフトは図書館で借りられる本でも書いてある程度の基本的なことだからでしょうか?自分はどんな技法でも種明かしは種明かしだと思います。例えクレジットがわからなくても勝手に公の場で種明かしをするこの行為自体が悪い傾向だと思います。
あなたのような意見の方はたくさんいるでしょうが
私はこのような軽い考えが大嫌いです。
技法にこれは基本的で結構な人が知ってるから種明かししてても嫌だけどまだ許せる、この技法はマニアックで知ってる人も少ない、だから許せないこの種明かしは全力で止めないと
こんなこと心のどこかで思ってるんじゃないですか?
種明かしは種明かしです
正直こういう考えには腹が立ちます
2011/02/10(木) 20:17 | URL | y=2x+2 #2AJ..f72[ 編集]
>観客にまで事を求めるのはおかしいんじゃない?
おかしくないと思います。スポーツの試合中にコートに入らないでください。美術の展示品に触れないでください。音楽の演奏中に騒がないでください。そういうことを求めるのと同じことだと自分は思います。
>種に関して追求されても逃げる手段なんていくらでもある
その通りだと思います。自分の経験上絶対に種を明かさなければならないなんて状況はまずありえないと思ってます。
>勝手にカードに触れられるならデックケースの下にさりげなくおけばこのカードは触ってはいけないという暗示が勝手に入る
>それでもケースをどけて触ってくる人なんて一生マジックを見せて1人いるかいないかじゃないの
ここははっきりとはわかりません。自分の経験が浅いだけかもしれませんが、実際においてあるカード触られて見られた経験がないので。聞いた話に寄ると、酔っ払いはそういう状況にしても触ってくることもあるようです。
>マナーを求めるベクトルが違うんじゃない?
この記事は自分の現段階での答えなので自分は違うとは思っていません。
>ただ自分が観客に対してなにをされるか予測をしないで対処も打たずにマジックを見せて失敗したから観客が悪いってなったようにしか見えないですよ?
この記事にマジックを失敗したときのことは含まれていないので、どこがそういうようにしか見えないのかというのかわからないです。
>おまけに観客から種明かしを要求する考えを排除?
>人間の脳でも改造するつもりですか?
考えを排除するのではなく風潮を変えたいんです。
人間の脳を改造しなくても風潮は変えることができると自分は思います。
>全員が全員そうなのかは知りませんが目の前で不思議なことが起こったら何でそうなるか気になるのは普通じゃないですか?そんなことは不可能だと思いますよ?
何でそうなるのか気になるのは普通だと思います。でも種明かしを求める風潮は変えれると自分は考えます。
>あなたがどんなすごいマジシャンかは知りませんが自惚れすぎだと思いますよ?
そうですか。自分のブログで自分の理想や目標、夢を語っても自惚れしていることになるとは自分は思いませんので。
>これはティルトやダブルリフトは種明かしは許せないけど種明かしされてもまだ困らないクリップシフトはダメっていうことですか?
両方よくないというつもりで書いてます。
>少なくとも価値基準をダブリフやティルトよりクリップシフトのほうが上にしてるということですよね?
そういう意識はあると思います。
>クリップシフトがなぜ上なんでしょうか?クリップシフトのみを解説したDVDが販売されてるからですか?ティルトやダブルリフトは図書館で借りられる本でも書いてある程度の基本的なことだからでしょうか?
そこの判断基準は自分でもわからないので、なんとなくなのかもしれません。
>例えクレジットがわからなくても勝手に公の場で種明かしをするこの行為自体が悪い傾向だと思います。
この意見と同じ考えです。記事を読み返したところ、自分の文章能力のなさで、クリップシフトにまで至る傾向がよくないみたいな書き方になってしまってますが、言いたかったのは、あなたのおっしゃってることです。
>技法にこれは基本的で結構な人が知ってるから種明かししてても嫌だけどまだ許せる、この技法はマニアックで知ってる人も少ない、だから許せないこの種明かしは全力で止めないと
>こんなこと心のどこかで思ってるんじゃないですか?
自分は基本的なことを種明かししているうちに止めておかないと、自分なんかが止めても言うことを聞いてもらえず止まらないと思っているので、その考えとは違うかもしれません。
>正直こういう考えには腹が立ちます
自分の記事に腹が立ったという意味なら申し訳ありませんでした。
2011/02/10(木) 21:33 | URL | KitCut #-[ 編集]
エンターテイメントという文化があまり浸透していない国だから難しい部分はありますよね。

僕は最低限の節度というものさえ守って頂ければあとは自由に楽しんで欲しいと思いますね。詮索もありだし、純粋に楽しむのもありだし。
でも最低限の節度というものをどこに線引きするかですよね。。
道具を勝手に触らないとかですかね...うーん...
演技中に妨害を入れるのは絶対にダメだと考えます。それが最低限かな...
タネを詮索するというのを禁止するというのは...実際に行動に移さなければいいんじゃないんですかね...「あのマジックどうやっているんだろうか」くらいの気持ちになるのは普通の人にとっては当然かもしれません。


僕は観客に最低限のことを求める権利は有ると考える側ですね。美術、演劇、音楽では節度を守るのは当たり前となっていますが
なぜマジック、特にテーブルマジックではそれが当たり前とならないのでしょうか...
もっと演者が観客に直接または間接に説明していくべきだと思いますね。。


ガツガツした感じじゃなくて気楽な感じでお客さんに認知してもらえるのが一番だと思いますね。
2011/02/11(金) 00:07 | URL | 弱酸ピッチ(ヒカル) #-[ 編集]
メディアの影響の強い国ですから、メディアをうまく使えばそのエンターテイメントという文化を浸透させることも不可能ではないと思うんですよね。
自分はあんまりTVマジシャンを目指す気はありませんが。

ただマジックを見せるなら「すごい」「どうなってるんだろ…不思議だなー」ぐらいの思考で楽しんでもらえるのが理想だと思います。

まだ世間にマジックが遠い存在で、距離感がわからないんだと思います。
直接説明するっていうのも悪くないかもしれませんね。
例をあげると、髪型屋というマジックバーでマジックをする前に注意事項を言うみたいです。
①怒らない②さわらない③見破らない
これをノリよく説明します。
客にもストレスにならないしいい方法だと思います
2011/02/11(金) 01:25 | URL | KitCut #-[ 編集]
怒らない、触らない、見破らない

これ知ってますよ~
ようつべでふじいあきらさんがやってました。
これくらいのノリが丁度だと思いますね。
このフリップ作ろうかな~
2011/02/11(金) 23:29 | URL | 弱酸ピッチ(ヒカル) #-[ 編集]
やっぱこれくらいがいいですよね。
2011/02/12(土) 16:56 | URL | KitCut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/250-777ce0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。