不勉強が身にしみる

ここでは、「不勉強が身にしみる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近またチュッパチャップスにハマってます。
何年かごとに自分のなかでブームが来ます。




今回もいずみん先生の書録よりこの本



長山靖生氏の不勉強が身にしみるです。



読んで思ったことは、確かにそうだなーって感じです。

高校のころ先生に自分たちは一番のゆとり教育の影響を受けた学年だと言われた。
自分よりも下の学年は再びゆとりの見直しで学習指導要領(?)が変わる(変わった?)からだという。
ゆとり教育というものが何なのか何のためにそうなったのか多くの学生は知らないんじゃないだろうか?
もしかしたら自分だけかもしれないが。
自分はゆとり教育って言うと土曜日が休みになったということくらいしかわからなかった。
この本にゆとり教育が何か、何のためにそうしたのか、それでどうなってしまったのかということが書かれていて初めて知った。

倫理の部分はまったく意味がわからなかったが全体的に確かにっていう感じだった。
自分はこれを読んでそこまで自分の不勉強は身にしみなかった。
元々もう少し大人向けのような気もする。
でもなんか勉強しておこうという気持ちにはなった。

第6章は自分にとってこれからまさにという話題で考えさせられた。

第六章 「好きなら伸びる」は本当か
コメント
この記事へのコメント
ちゅっぱちゃっぷすよりFUJIYAのポップキャンディが好きです

そしてカットキットさんは本は全て購入です?やっぱ図書館です?
2011/04/26(火) 18:35 | URL | れお #-[ 編集]
どんなのかわからん。

読みたいのは買う。
読んでみるかくらいのは借りる。
2011/04/26(火) 18:44 | URL | KitCut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/277-3ff66d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。