良いマジックとは何か

ここでは、「良いマジックとは何か」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病マジさんがまたネタをくれたので書こう。

今回のテーマは!!
ずばり!
「良いマジックとは何か」


この前、自分の考える良いマジックは「物理的技術:精神的技術=4:6」と書きました。
これは演じるマジシャンの能力のことです。

今回はもう少し詳しく違う視点からも考えてみようと思います。

マジックのいいところとしてよく上げられるのは、衝撃的ということだと思います。
やっぱり驚いてもらうわけですから、びっくりするような衝撃的なことが起こらないといけません。

そして、使うものが身近であること。
トランプが身近かかと言うと微妙なところですが、ダブパンなんかよりは身近でしょう。
ペンとか日本円は特に身近ですね。
身近にあるものを使うことによって、そんなことあるわけがということで驚けるのではないだろうか。

それから現象がわかりやすいこと。
理解できれば不思議ですが、上手く説明してもらわないと理解できないというマジックもあります。
どんな不思議なことが起こったのか。
これが伝わるかは重要だと思います。

そしてこれについては演者視点ですが、難しすぎないこと。
自分の良いと思うのは4:6のマジックなのであまりテクニックの方に力を取られたくはないです。


ただ、ここまで書いてなんなんですが、これらから考えていいマジックっていうのはこれだ!っていうのはわかりません。
ここの項目から行けば、スプーン曲げは相当いいマジックになりそうですが、そうは思いません。
ですから、この自分が考えた良いマジックの要素は間違っているのかもしれない。
と、こんな結論に至ってしまったが、いいだろうか?病マジさん。

でもトライアンフは良いマジックだと思う。
コメント
この記事へのコメント
完成しているマジックは、完成しているのだから、素晴らしいに違いない。それを120%や150%にするのには、見る人にもっと沢山のドキドキワクワク感を与えられることじゃないかな。マジックは同じでも、Kitcutさんが言うように、プラス話術だったり、選ばれしカードを提示する一段階前に手書きの似顔絵カードなんかを出して『あれ?およびじゃない?』なんて次に本当のカードを出してみせるとか。BGMがラップのようなウンタ♪ウンタ♪ウンタ♪のテンポでそのリズムにのりながら演じるとか。オセロの盤(昔のフェルト張りの)をマットの変わりに、オセロのこまをコインの変わりに使うとか。なんか、思い付いて書いてしまった。プラスαを考えるのは楽しいね。
2011/05/07(土) 23:26 | URL | 空 #-[ 編集]
おぉ!おもしろい!
オセロいいですね。
本気で考えてみたくなりました!
2011/05/07(土) 23:55 | URL | KitCut #-[ 編集]
いいと思いますよ!

テクニックの配分っていう視点は、なかなか重要な部分ですね。

超絶技巧を駆使するのか、セルフワーキングなのかで、受ける印象も違うし、マジシャンの力み具合も違うので、ここの部分のバランスをどこにもっていくかっていうのは、気をつけていかないといけないですね。
2011/05/13(金) 21:59 | URL | 病マジ #-[ 編集]
テクニックを使うから起こせる奇跡みたいなのってあると思うし、難しすぎても大変ですもんね。
良いマジックは難しいです><
2011/05/13(金) 22:26 | URL | KitCut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/296-8e089832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。