ありえるマジック

ここでは、「ありえるマジック」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はずいぶん暖かかったですね。
浜岡原発停止も決まり、中部電力地域も節電が必須となってきそう。
今年の夏は本当に暑い夏になりそうですね。




マジックとは普通ありえないことをやって見た人を驚かせます。
コインが瞬間移動する。千円札が一万円札に変わる。ペンが消える。手からトランプが大量に出てくると・・・


でも、カードマジックにはありえるマジックが多くあります。
ただのカード当て、ギャンブリングデモンストレーション、アウトオブディスワールド、エニーカードアットエニーナンバー・・・
どれも有名なものです。

エニ―カードアットエニ―ナンバーは非常に難しくて不思議なマジックとされています。
客が言ったカードが客が言った枚数目にある。そんなマジックです。
でもこれ確率的には54分の1とか52分の1(のはず)です。
つまり、マジックをできない人でも50回くらいやれば1回くらい成功するってことです。
そりゃあ、一緒の人に見せて40回目で成功しても大して驚かれませんが、それを50人に1回ずつやれば成功したとき、マジシャンと同じことができてしまうわけです。

ありえるのになぜ驚かれるのか。
エニーカードアットエニーナンバーの場合54分の1でしたが、マックスメイビンの名作B'Waveに至っては4分の1です。
このような確率の高いものでもマジックとして演じれば驚かれます。
でもやはり驚く理由は非現実性だと思います。
あくまで確率と言われてもやっぱり確率の高い方になりやすいと思うものです。
そして、このありえるマジックは客からも普通にやった場合の成功確率が低いということがわかるのでどれだけすごいことをやったのかということがわかるということも関係すると思います。

ありえるけど頭で考えるとやっぱりありえないってことですかね。

このことを考えて思ったことが、ありえるマジックはメンタルマジックが多いですね。
カードマジック以外でも超魔術として演じられるような、ナイフに紙袋かぶせてナイフの無いところをつぶすなんてやつもありえるマジックです。

ただ、ギャンブリングデモンストレーションは日本ではポーカーやブラックジャックといったカードゲームが主流ではないためルールがわからず、驚きが薄れてしまうということもありますね。
大富豪、ババ抜き、7ならべ、神経衰弱といったカードゲームのデモンストレーションマジックは大いに受けるかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
ちょっと待ていwww

エニエニの確率って
1/52(カード名)×52(枚数目)
じゃないんですか?
これをラッキーパターンで成功させるのは、ほぼ不可能だと思います。

ただ、確率が0でない限り、確率的にはありえるわけですが。
2011/05/09(月) 20:03 | URL | WHO #-[ 編集]
わたくしが思うにですね。
まず、数字かカードを言うわけですよ。
カードを言ったら、そのカードがデックの何枚目かにあるわけです。その枚数目を言うかどうかという、54分の1の確率です。
逆もまた然り。
2011/05/09(月) 20:19 | URL | KitCut #-[ 編集]
でも確かに間違ってる気もする。
片方言ってもらったあとに混ぜれば54分の1じゃない?
それでも十分不思議だし
2011/05/09(月) 20:34 | URL | KitCut #-[ 編集]
よし、一度冷静になろう。

スペードのエースが20枚目にある確率を求める。

1/52(スペードのAを選ぶ確率)×(同時に起こるのでかける) 1/52(1~52で20が選択される確率)


これでおKですか?


2011/05/09(月) 22:40 | URL | WHO #-[ 編集]
でもさ。
スペードのA以外が選ばれても成り立つよ。
選ぶカードは何でもいいんじゃない?
てかさ、賢い人に聞くのが懸命じゃない?w
2011/05/09(月) 23:52 | URL | KitCut #-[ 編集]
賢くないけど来ちゃった~w

WHOさん>20枚目にある確率を求めているはずなのに、20枚目が選択される確率も考えたらおかしくない?

「言われた枚数目(一定の枚数目)に任意のカードが存在する」ときは1/52だと思うけど、「任意の枚数目に任意のカードが存在する」ときは(52/1)^2になるんだと俺は思ったよ。
ただ、確かこういう問題って確率の中でも特に難しい問題として扱われてるよね。たしか、だけどね・・・


あ、論点ここじゃないから別にスルーしていいかww
2011/05/10(火) 04:10 | URL | ざき #nEQtgp9I[ 編集]
おどおどしてこういったマジックを演じたら、観客は偶然だと思うだろうし、逆に堂々と演じていたら必然だと思うのかもね。
現象を必然的に起こせるというところ(と思えるところ)に観客は惹かれるのかな、って読んでいて思いました。
2011/05/10(火) 04:16 | URL | ざき #nEQtgp9I[ 編集]
偶然って言う演出もまたありなんじゃないかな。
そういうのを見たことあるけど、不思議だと自分は思ったよ。
まぁマジシャン視点なのかもしれないけど。


あと、確率の。(まだやるかw)
じゃあ、こう考えたらどう?
スペードのAが○枚目の確率が52²分の1。
それが52種類のカードがあって同時に同じカードは選べないから互いに背反。
52²分の1×52で52分の1。
どう?
2011/05/10(火) 17:18 | URL | KitCut #-[ 編集]
みなさんは確率にくいついたみたいですが
僕は後半の一般的なゲームのギャンブルデモが気になりました
真面目に考えてみたいです
2011/05/10(火) 19:16 | URL | yuzu #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

日本のトランプゲームをマジックにするのはおもしろい試みなのですが、欠点があり、普通、トランプを1デックすべて使うということです。
1デックを使うとカードを配ったりするだけで時間がかかってしまうからです。
そこをいかに時間をかけないか、または、枚数をどういう理由で減らすかということがポイントだと思います。
2011/05/10(火) 19:44 | URL | KitCut #-[ 編集]
KitCutさん非常に的確なアドバイスありがとうございます

確かに
52枚全部使うわけにもいかず
マジシャンが数枚準備してきたら怪しくて…
うーん難しいです
もう少し考えてみたいですね

あとあまり関係ないですが
こちらのブログをリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?
2011/05/13(金) 22:19 | URL | yuzu #-[ 編集]
是非良いマジックを作り出してください!

リンクは全然かまいません。
こちらからもリンクしておきますね。
2011/05/13(金) 22:28 | URL | KitCut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/299-e2382db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。