スティーブ・ジョブズ

ここでは、「スティーブ・ジョブズ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読みました。
大阪行く前に。

自分が始めてアップル社製品を使ったのは小学生の時。
叔父さんにもらった白黒のノートでした。
ネットにもつなげない環境で、ウィンドウズ(たぶん98)があったのでほとんど使いませんでした。

次に手にしたのは、中2かな。
iPod Classic。
音楽を聴く時間が格段に増えましたね。

そして高1のとき。
使っていた携帯が壊れて買ったのがiPhone3G。

そしてiPhone3Gs。

このころまでジョブズのことは全然知りませんでした。

ジョブズに興味を持ち出したのは、もっさん.に「スティーブ・ジョブズの驚異のプレゼン」いいよと教えてもらったころから。

iPhone4Sが発表された次の日。
学校帰ったらツイッターでジョブズがなくなったとの情報。
その中にスタンフォード大学のスピーチへのリンクがあったので聞いてみる。

これに衝撃を受けました。
確かそのとき結構悩んでた時期だったのですが、その答えをもらったような気がしました。
それからジョブズについて知りたいと思うようになりました。

それから「スティーブ・ジョブズの驚異のプレゼン」を読んで、そして自伝を読みました。


ジョブズがすごい人(いろんな意味で)だということはわかりました。

この本から得れるかなと思っていたものは「イノベーション」だったのですが、
それよりも自分が思ったことは「デザイン」がとても大切だということ。
外見だけでなく中身のデザインも。

これはトリックにもマジックショーにも言えることだと思いました。

ホントにすごい人が亡くなったんだと思いました。


ジョブズの本を読んだりしてジョブズのことを知るとどうもマックやiPadがほしくなってしまいますね。


P.S.
アップル製品の素晴らしさがわかった。
たぶんこの先ずっとiPhoneを使っていく気がする。
コメント
この記事へのコメント
自分もiPhone3Gから使ってます。
現在はiPhone4。
Macユーザーであり、iPadユーザー。
アップル信者です。

日本の企業の製品は機能優先。
アップル製品は使っていてとにかく楽しいこと。
製品開発のベクトルが全く違う。

ジョブズは完璧主義であり時には周りがついていけないほどのビジョンの持ち主で常に新しいものへの追究心があった人。
現代のカリスマ、こんな型破りな経営者はもう2度と現れないでしょうね。
2011/12/03(土) 20:31 | URL | shimo #GCA3nAmE[ 編集]
『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』私も読みました。学ぶことが沢山ありました。仕事的にも、人生的にも。あなたのように若いときにこの本に会えたのはうらやましいです。でも私も人生変えますよ。今からだって。あなたの成長を楽しみにしていますよ。
2011/12/05(月) 01:25 | URL | 空 #-[ 編集]
今ジョブズがどうやって成功したのかがこういった本で明らかになってきているので、そういうジョブズのやり方を上手く取り入れることで、良い製品が増えればいいなと思います。
2011/12/15(木) 15:38 | URL | KitCut #-[ 編集]
多くの人に良い影響を与えることができたのもジョブズの功績だと思います。
2011/12/15(木) 16:54 | URL | >空さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/359-719c59a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。