はやみねかおる講演会

ここでは、「はやみねかおる講演会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。

もう12日もたちましたがやっと今年はじめての更新です。

まぁ年末年始ちょっとマジックを休憩気味だったっていうのもありますが。
とかいいながら誕生日には動画アップしましたけどね(笑)

今日今年はじめて?マジシャンにお会いしたのでこれを気にまた今年もマジックマジックしていこうかなと思ってます。


そんな今日は大学で小説家のはやみねかおるさんの講演会があったので聞いてきました。

前半は、大学時代の話をおもしろく話していただいて楽しみました。

そして後半は、職業のことについてお話いただけたのでそこらへんについて。

はやみねさんはミステリや児童文学を書いていらっしゃるので、自分たちマジシャンとはまた違った形でトリックを使ったり、子どもを楽しませているわけです。

まずは、トリックについて。
はやみねさんはトリックを使って合理を不合理に見せるようにしていると表現されていました。
そうすれば楽しませることができると。
これが不合理を合理に見せたとしたら、それは詐欺になってしまうと。
なるほどなと思いました。
マジックは人を騙してお金を取るなんていわれることがありますけど、ここが重要なのかなと思いました。

子どもの相手の仕方みたいなことも少しお話いただきました。
具体的なことは書きませんが、トリックを使ってうまく楽しませ、興味をもたせるなぁと、とてもおもしろかったです。
そして、はやみねさんが恩師に言われたことにこんな言葉があるそうで。
「好かれやんでええ、信頼されよ」
子どもから好かれるのは簡単だけど、信頼を得ることが大切だと。
子どもにマジックを見せるのはとても難しいですけど、がんばりたいなと最近思ってます。

最後にはやみねさんのトリックの考え方を聞いたのですが、これはためになりそうと聞いていました。
その中からひとつ紹介させていただきます。


トリックの神様がおりてくるのを待つ
コメント
この記事へのコメント
とりあえず、明けましておめでとうございます。


「合理を不合理を見せる」→これには凄く納得しました。
はやみね作品には、必ずハッピーエンドになるという共通点があります。最後に全ての出来事が、合理的に、妥協なく解決されるからですね。
はやみねかおるの、トリックを料理する上手さの秘訣を垣間見ることができたような気がします。


是非一度、「そして5人がいなくなる」を、一切の予備知識無しで読んでみて下さい。
2012/01/17(火) 22:13 | URL | WHO #-[ 編集]
あけましておめでとう
それとセンター試験お疲れ様です

とってもおもしろかったしためにもなりました。
行って良かったです。

読んでみまーす。
2012/01/18(水) 00:38 | URL | KitCut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitcut14.blog31.fc2.com/tb.php/363-f7323d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。